ホーム ドクター紹介 アクセス・クリニック案内 施術・料金一覧 症例写真 体験談 モニター募集

SBC湘南美容外科クリニック立川院美容外科美容皮膚科

MENU
理想のくっきりラインでメイクが映える 横浜院限定 ダブルレイヤー二重術
カウンセリング&診察のご予約はこちら0120-5489-98電話受付 AM10:00〜AM5:00(土・日・祝日も対応)今すぐ予約

ダブルレイヤー法はこんな方におススメです

  • 通常の埋没法二重術ではラインが消えやすい方
  • きれいな二重ラインを出来るだけ長く残しておきたい方
  • 全切開二重術を考えているが、傷跡を残したくない方
  • 誰にもばれたくない方

ダブルレイヤー法はココがすごい!

ベテランドクターが担当します。
丁寧なカウンセリングと実績豊富な
安心の施術で対応致します!

ベテランのドクターが施術するので
腫れが少なくくっきり二重が手に入る!

埋没法二重術ダブルレイヤー法とは?

二重のラインについて

一般的な埋没法では糸の結び目が糸1本につき1点です。
(上図では糸が2本なので、結び目も2点になっています。)
ですが、これだと糸に力が弱く二重のラインが薄くなってしまいやすいです。
しかし、ダブルレイヤー法では外側のループでは(上図青のループ)糸の結び目が1本につき4点です。
合わせて2本の糸で結び目は計8点になります。
この結び目が周囲の組織とくっつき、二重のラインの固定を強固にします!


腫れについて

一般的な埋没法ではある程度、糸を強くしばらないと二重のラインができません。
そして強くしばると腫れが強くでてしまいます。

しかし、ダブルレイヤー法では糸の結び目で二重のラインを固定するので強くしばる必要がなく、 糸の結び目を二重のライン上に置いてくるというイメージですので腫れる要因がそもそも少なく、それゆえ腫れも少なくて済みます。

ダブルレイヤー法の症例写真


症例写真をもっと見たい方はこちら

お客様の声


料金

せっかくやるならいいものを選ぼう!

クリニック&ドクター紹介


院長 兼 SBC脂肪吸引最高責任者 竹田 啓介医師

人には個性の美しさというものがあります。
そして多くの人は「変わりたい!!」という気持ちをもっていて 今以上、その個性に磨きをかけようとしています。
ただ“変わる”というのは少し不安ですよね。そんな時、是非当院へご相談にいらしてください。
一対一の会話の中で信頼関係を築きながら、素敵な第一歩を共に歩みだしましょう。
お客様の思いに、安全を最優先して全力でお答えします。


2003年 帝京大学医学部卒業
帝京大学医学部付属病院勤務
麻酔科
形成外科
救命センター
2004年 湘南美容外科クリニック勤務
備考 美容外科専門医(JSAS)
日本美容外科学会会員
日本麻酔科学会認定医
厚生労働省麻酔科標榜医
VASER脂肪吸引認定医
VASER HiDef専門医(湘南美容外科 認定医第1号)
4Dスカルプ認定医(湘南美容外科 認定医第1号)
VASER最高位ドクター(日本人初にして国内唯一の最高位ドクター)
統括指導医 飯田 秀夫医師

初めまして、飯田秀夫と申します。

形成外科医、そして美容外科医として20年ほど診療を行ってまいりました。

その間、多数の患者さまを治療しましたが、重要なのはその数ではなく、 一人一人の方がどれだけ満足していただけたかであると最近特に実感しております。
いつも初心に帰り、全力で治療にあたるよう心がけておりますので、よろしくお願致します。

▼美容外科医を目指したきっかけ
小学生の頃より手先を使うことが好きであり、模型作りや絵画の制作が趣味でした。
本当に苦しんでいる人に手をさしのべて喜ばれることから医師を職業として選んだ訳ですが、 その中でも手先の器用さを生かして形態や容貌を作り替えることにより 人生そのものの価値を新たに創造できる形成外科を志し、そしてその究極の姿として美容外科に到達致しました。

▼好きなオペ
形成外科医としての治療を行っていたときは顔面・頸部の再建を中心におこなっていたので、 美容外科でも顔面の手術全般に興味があります。

特にわずかな変化でも劇的な印象の変化をもたらす眼瞼の手術が好きで、 一人一人の患者さまの希望に添えるよう細かな工夫を心がけています。

▼患者さまへ
美容外科というと何か敷居が高く近寄りがたいという印象をお持ちになるかもしれませんが、 どうぞお気軽にお越しになり日頃気になっていることをご相談ください。
どんなに小さな事柄でも真摯に耳を傾けますので、解決への糸口を一緒に考えていきましょう。


1992年 東京医科歯科大学卒業
以降、同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。
2007年 東京医科歯科大学臨床教授
2009年 リッツ美容外科東京院入職
2013年 リッツ美容外科東京院院長に就任
2014年 湘南美容外科入職
備考 日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member
医学博士(東京医科歯科大学)
サーマクール認定医
業績 ■2009
飯田秀夫、広比利次. 乳房増大術. PAPERS NO31. 乳房の美容外科−私の方法 以前と変わったこと,変わらないこと−. 全日本病院出版社2009; 27-32

■2013
飯田秀夫、広比利次、田中真輔.軟部組織のボリュームの減少が著しい中顔面のたるみに対する治療戦略.PEPARS NO 75ここが知りたい!顔面のRejuvenation―患者さんからの希望を中心に―. 全日本病院出版社2013; 64-70

■2014
飯田秀夫、広比利次.内眼角形成術2 -Z法-.PEPARS NO87 眼瞼の美容外科 手術手技アトラス.全日本病院出版社2014; 99-105
無料カウンセリングWEB予約
ページトップへ